新型プリウス!予約開始!

11月9日に40系プリウスと呼ばれる4代目プリウスの予約注文が開始されてましたね。すごい注目です。もちろんあのプリウスがフルモデルチェンジをするわけですからね。私も2代目、3代目のフルモデルチェンジを経験してきましたが、どの時も大変でした。

土日なんかはすごい人だかりで。お茶を出す事すら間に合わないぐらいの状態でしたね。

ご対応出来ないお客さんもたくさんいて、本当にアレコレパンク状態でした。ほかっておいても売れるのがプリウスですので、説明⇒見積り⇒契約の繰り返しで最後の方は何をしているのか分からない状態でした。

そんなプリウス4代目は今までにないぐらいの注目度!という事で、記録を完全に塗り替えるぐらいの勢いだそうです。

いったい何台売れるんでしょうね~今から楽しみです。

法人のお客様が

私には比較的多くの法人のお客様がおみえになります。法人のお客様と言うのは、社用車として一括契約をもらえる可能性もありますし、定期的に新車が売れる可能性が多いので頻繁に顔を出すようにはしています。

その法人客のういの一社が、本来なら社長の車を買い替えるタイミングだったので、カタログを持ってお邪魔しました。促進活動ですね。

しかし今回初めて良い返事は出ませんでした。おかしいな?と内心思っていましたので、車の話以外のお話を伺っていました。

そしたら資金繰りが厳しい状況になってしまった、という事でした。その理由は売掛金があった取引先が倒産した、と。そこでかなりの売掛金を回収することが出来なくなってしまったんですね。

それまでは結構羽振りの良いお客様でしたが、取引先の倒産によって一気にキャッシュフローが悪く新車を買っている場合じゃない、という事だったのです。結局景気が上向いているとテレビなどでは言われていますが、現場ではそうでもないって社長は仰っていました。

怖いですね、会社経営って。私はサラリーマンですのでそういう事を考えた事もありませんでした。銀行からの融資もお願いしているようなのですが、どうしても個人ローンとは違って時間もかかるようで、とにかく「お金」を集めなくてはいけないみたいでした。

ファクタリングという、売掛金を支払い予定日よりも先に出してくれるファクタリング会社と言う存在もあるようで、社長は他の売掛金がある取引先に対してこのファクタリングという契約をしようか、とも言って見えました。

今回私はさすがに新車販売をしている場合ではないな、という事で諦めましたが、会社を経営するという事は良い部分もあるのですが、危険と隣り合わせなんだなと初めて思いましたね。

 

売上の為にたくさん値引きしてよ!

よくお客さんの中で値引き交渉をしていると、「売上も大事でしょ?だからこの値引き額で通してきてよ」と言ってくるお客さんがいます。

確かに会社からすればねー売上も大事でしょうけど。下手すると値引きの範囲を超えてしまった部分は自分で腹を切らないといけない可能性もあるんですよね。。

だから会社の売上のため!なんていう考えはありません!!(キッパリ

確かにどうしても売らないといけない場面ってあるんですよね。でもそういう時って、最終的には良くない状況に陥る時が多いんですよ。

無理した時に限ってトラブルが。。。これは営業マンの誰もが思っているというか、体験した事があるんじゃないでしょうかねー

値引き値引きと言ってくるお客さんって、結構細かかったりするので、結局納車の時に問題が発生するか、何かのタイミングでトラブルが発生するものです。

特に私も若い頃、どうしても売りたい!という気持ちが強くて、無理をして何台も売ってきました。

今では無理はしませんね(笑

怒られた方がましですから。

家宝は寝て待て!というじゃないですか。売れる時は勝手に売れるんですよ。だから昼寝はよくします(笑

営業マンのノルマの実態を教えちゃいます。

新車ディーラーの営業マンって、どうしてもノルマがつき物なのはみなさんも知っているかと思います。このノルマを達成しないと非常に会社にいたくない気持ちで一杯になります。

でもこの【ノルマ】と言っても、なにも新車台数だけじゃないんですよ、実際は。メーカーにもよりますが、新車・携帯電話・クレジットカード・JAF・車検・法定点検・その他。ノルマと言ってもこんなにあるんです。。

新車販売台数に関して言えば、5年生ぐらいで大体5~6台ほど。10年選手にもなると8~10台ほどのノルマが与えられます。正直、今の時代、普通に営業をしていてもクリアー出来る台数ではありません。

これだけ新車が売れない時代ですからねー。でも売らないと給料も下がりますので一生懸命やらなくてはいけません。

でもみなさん、新車を一台売るとかなりの報酬がもらえると思っていません?

大体一台当たり5千円ぐらいです(笑

そこまでもらえないんですよね、新車売っても。でもやらなくてはなりません。

新車を一台売ると、書類から納車まで結構やる事が出てきます。それを5~6台ぐらいやろうと思うと、その他のノルマ(携帯など)をゆっくりやっている時間なんてないんですよ。

だから新車を売ったお客さんにカードから携帯、その他まで全部一気に営業をかけます。じゃないと終わらないんですよね、実際は。

よく新車の値引きをたくさん出してもらう為に交渉をする!と言っている方もいますが、営業マンからしてみれば交渉よりも携帯、JAF、保険などを一緒にやってくれるお客さんだったら値引きぐらい余分にやりますよ、、、

ひどい時は携帯など自爆です。当時、最高で6台ぐらい持っていました(笑

2歳の子供にも持たせていましたし。。

これが新車ディーラー営業マンのノルマの実態です。結構かわいそうだと思いませんか?(笑

また最近では、下取り車が会社に入らないと叱られます。中古車買取の業者に持っていくお客さんも多いのですが、それでも下取り車がなくなると中古車部門に玉数が無くなり売れなくなってしまうので、下取り比率と言う数値を出しているディーラーもありますね。

ただ実際には下取り査定額よりも、中古車買取店が出す買取額の方が高いケースも多いんです。むちゃ言いますよね~会社も。

これからも色々な暴露話をしていきますね(笑